【ペアーズ】サクラや業者より注意すべきヤバい会員の対処法とは!?

【ペアーズ】サクラや業者より注意すべきヤバい会員の対処法とは!?

ペアーズといえば

  • 婚活や真剣な恋活向けアプリ
  • マッチングアプリ人気NO.1

など、圧倒的な人気を誇るマッチングアプリです。

 

 

そんなペアーズですが、現在ネットで「ペアーズサクラ」と検索すると

  • ペアーズはサクラや業者が多い!?
  • ペアーズは危険??

など様々なタイトルのサイトが検索結果として表示されます。

 

 

ですが、ペアーズ歴1年の私やsnsなどのクチコミでも「ペアーズサクラと遭遇した」という事実は全くありませんでした。

 

それよりも、クチコミや実体験にてサクラや業者よりも注意するべきヤバい会員が居る事がわかりました。

 

このサイトでは徹底的に調べてた結果わかったサクラより注意しなきゃヤバい会員について記載して行きたいと思います。

 

 

ペアーズにサクラが居ないと言えちゃう理由

 

先ほど記載した通りペアーズ歴1年やった私も様々なクチコミを見ても「サクラ業者と遭遇した」というような経験談はありませんでした。

 

そして「こりゃサクラや業者は遭遇しないだろうなぁ」と思う理由がペアーズにはしっかりとあります。

 

会員登録時の本人確認

 

会員登録時の本人確認として、免許証やパスポートなどの年齢を確認できる書類の写真の提出が必須となります。

 

 

さらに365日24時間体制の監視サポートなどがある為、たとえ万が一年齢認証ができたとしても二重にセキュリティがかかっています。

 

そして、一般的に考えてサクラが業者がアカウントと作ろうとした場合

  • アカウント1つの免許証かパスポートが必要
  • せっかくアカウントが作れても別会員からペアーズに報告されたらアウト

と1アカウント登録するのにここまでリスクがあります。

 

ここまでリスクがあるのにわざわざ登録する意味もない為、サクラや業者が存在する可能性は極めて低いという事ですね

 

ペアーズの仕組み

 

実はペアーズでの異性との出会い方にもキッチリと業者やサクラ対策がされています。

 

 

異性との出会い方については

  • 貴方から「いいね」を送って相手からも貴方に「いいね」をした場合
  • 異性から「いいね」を受け取って貴方からも相手に「いいね」をした場合

のみ初めてお互いにメッセージ交換が出来るようになる為、全く知らない人や興味ない人からのメッセージが一切来ない仕様となっています。

 

万に一つ業者やサクラが存在したとしても貴方自身が異性に「いいね」しなければメッセージすら来る事がないという事ですね

 

サクラや業者より注意すべきヤバいペアーズ会員

 

サクラや業者よりヤバい人とは

  • やり目/既婚者
  • 勧誘(ア●ウェイやネットワークビジネスなど)

上記に該当する人達はア日常でも存在するかもしれませんが、ペアーズのクチコミなどでも遭遇した方はかなり見受けられました。

 

特に勧誘してくる方は、騙そうと勧誘してくるわけでもなく本気で良い物を進めてると思いながら勧誘してくるで質が悪いです。。

 

そしてやり目/既婚者はある程度、誘い方やメッセージのやり取りが慣れている方が多いのでかなり気を付ける必要があります。

 

ペアーズのクチコミについて詳しくはこちらの記事で触れています。
【当サイト限定特典あり】ペアーズの口コミで判明?サクラの真実とは

 

万が一のサクラや業者、ヤバい会員の特徴

 

サクラや業者の場合(別のマッチングアプリで実際に居たサクラや業者の手口)

  • プロフィール写真が一枚しかない
  • プロフィールの詳細(出身地や学歴など)に空白が多いい
  • ライン交換を男女関係なく相手から早いタイミングで聞いてくる
  • プロフィール写真とラインのトップ画が同じ写真
  • ラインじゃなくてメールアドレスを聞いてくる(ラインはやってないなどと言ってくる)

 

やり目/既婚者の場合

  • すぐに会おうとしてきたり、連絡先をきいてくる
  • メッセージの最初からタメ後で馴れ馴れしい(慣れてる為)
  • 凄く写真がイケメンや美女だけど年齢が35歳以上
  • 初めて会う時に車デートや夜の飲みに誘ってくる

 

勧誘の場合

  • すぐに会おうとしてくる
  • 昼にカフェで会おうとしてくる
  • 尊敬する紹介したい人が居ると言い始める

 

上記の項目に当てはまる人が居たら注意するようにしましょう!

 

 

↓さらに具体的な見極め方についてはこちらの記事で詳しく触れています。
【当サイト限定特典あり】ペアーズの口コミで判明?サクラの真実とは

トップへ戻る